海鹿島(あしかじま)の海に突き出た通称「丸山」の、南側の崖下にあった「海水浴場大プール」です。潮の干満で海水を溜めるプールのようですね。高めの飛び込み台も見えますので、水深もそれなりにあったのでしょう。葉書の様式「通信文記載範囲1/2」「きがは便郵」などから、昭和8年以降のもの。

トップページへ
トップページへ

昭和45年頃にはプールの部分はまだあったようです。ただその頃は「プール」ではなく「ただの潮溜り」と化していて、アメフラシ等が生息していたとか。現在ではプールもその付近の岩場もだいぶ砂に埋もれてしまっています。写真は葉書の撮影ポイントよりも左に寄ったアングルで、丸山の中腹から撮影しました。