トップページへ
トップページへ
北側(写真上方向)の黒生(くろはえ)地区へと広がる「伊勢路ヶ浦」と呼ばれる海岸です。伊勢大神宮の高台から撮影したものと思われます。海岸沿いの道を走るのは乗合自動車でしょうか。現在と違い、海岸には砂浜が広がっています。ここで新鮮なイワシを干したりしたのでしょうか。
現在は護岸が整備され、テトラポッドと岩場が混在しています。砂浜は岩場の一角にわずかに残る程度です。