トップページへ
トップページへ
海岸際の小山(丘)の頂にある「伊勢大神宮」の境内から、波の打ち寄せる「海鹿島(あしかじま)海岸」、「丸山」を望むショットです。鳥居の右の岩山が「丸山」です。葉書の様式が「通信文記載範囲1/3」となっているので、明治40年から大正7年頃の葉書ということになります(消印に「44.8.5」とある)。
当時とほぼ同じアングルで撮影してみました。鳥居は建て替えられていますが、写真の左手前にある「岩」は、葉書の写真の「帽子を被った男性」が立っていたものに似ています。鳥居越しに見る岩場や丸山は当時とあまり変わっていないように見えます。