トップページへ
トップページへ
葉書の様式は大正〜昭和初期のものです。写真は犬吠埼灯台下の磯にある「帆立岩」。数年前までは灯台周囲の岩場に「怒濤めぐり」という遊歩道があり、帆立岩や豪快な波の打ち寄せる様を間近に見ることが出来ましたが、台風などにより遊歩道が破損し、崖崩れの危険もあるため現在は近付けなくなっています。
写真は灯台の敷地横から見下ろしたアングルです。あまり形状に変化がない様にも見えますが、多少岩肌が滑らかになったような感じもします。