トップページへ
トップページへ
泥面子(円柱形)その1
泥面子(円柱形)その5

〜目次〜

泥面子(円柱形)その2
その他の形のもの1
その他の形のもの5
泥面子(円柱形)その3
その他の形のもの2
海上交通の発達してきた江戸時代、千葉から東京・横浜方面に向け、農産物や木材などが船で運ばれました。復路の積荷には、砂糖や肥料、雑貨などの生活品の他に「江戸ごみ」と呼ばれる生活廃棄物がありました。当時の東京(江戸)は、塵芥(ごみ)処理の能力が充分でなかったために、その処理を近郊に依頼していたのでした。陸揚げされた「江戸ごみ」は近くの農家へ肥料として供給されたのですが、その需要は多く、またその運搬には助成金が出たこともあって、江戸後期から大正時代まで盛んに運ばれていたようです。

畑や空き地で、円柱形や人の顔の形をした素焼きの塊が土から顔を出しているのを見ることがあります。それらは「泥面子」「泥人形」などと呼ばれるもので、一説には、その昔に畑に撒かれた肥料(江戸ごみ)に混ざっていたものだと推測されています。

今まで私が拾ったのは千葉市内の畑のものですが周辺の市でも見つかるようです。この辺りでは年々、畑が宅地化されていますので、数年後には今よりももっと見つかる場所が少なくなっていることでしょう。
泥面子(円柱形)その4
その他の形のもの3
その他の形のもの4